❏ トレイルランニングをするためのトレーニング項目


一つは、スピード=speed
直線での速さ、トップスピードを差します。この値が低いとトレイルの下りでスピードがついた時、足がついてこないといったことが起きます。

二つは、アジリティ=agility
敏捷性。素早い方向転換や切り返し。これらの動きはサッカーやバレーボール、バスケ、テニスなどで頻繁に行われる動きですが、トレイルでは下りや「ジグザグの林道」などがそれにあたります。木々の障害物、岩場など凸凹した路面においては、この値が高いとブレーキをかけること少なく、スムーズに山の斜面を下ることができます。

三つは、クイックネス=quickness
素早さのこと。静止状態からの動作のことをいいます。スタートの号砲が鳴っていかにスムーズに加速するか。瞬発的な身のこなしです。最初の3秒のダッシュをどう身体をうごかしていくか?がカギです。

これらの3っつの頭文字をとって、SAQトレーニングと呼びます。                                                          
SAQを総合的に行うことで身体の身のこなしが向上していきます。須磨アルプス1

須磨アルプス2

須磨アルプス3

Copyright© 2017 サムズアップ All Rights Reserved.|ログイン