★ 夏バテ防止とメンタルヘルス


みなさんはこんな症状になっていませんか?
① 朝起きたときが一番だるく、夕方になるとだるさが取れて身体が軽くなる。
② これまでの夏と同じように過ごしているのに、今年はだるさが強い。
③ 仕事が終わると急に身体が軽くなるなど、環境によってだるさが異なる。
④ 十分休息したはずなのに、なかなかだるさが抜けない。
⑤ 軽く運動した後は、身体もこころもすっきりした気分になる。
これらの症状はカラダを休めても精神的にストレスをかかえていることと思います。特に夏場はカラダが疲れやすくなり、胃腸のほうも食べる気がなくなったりします。もし以上のような症状が続くときは医療機関に相談してください。

「夏バテ」防止のために・・・
①冷房を上手に使う、②十分な睡眠時間を確保する、③水分をこまめに補給する
そして、しっかり食事を摂りましょう!
栄養の絵
① ビタミンB群
脳の働きを促し、脳からの指令を伝達する神経を正常に働かせる。
(食材例:豚肉、うなぎ、いわし、レバー、玄米、ほうれん草など)
② ビタミンC
ストレスに対抗するためのホルモンを作る材料になる。
(食材例:レモン、キウイ、かぼちゃ、チンゲン菜など)
③ ミネラル(カルシウム、マグネシウムなど)
筋肉、神経内でさまざなま生理機能を調整する。
(食材例:牛乳、青魚、海藻類、小松菜、ナッツ類など)
④ タンパク質
心のバランスを整える作用のある神経伝達物質セロトニンを作る材料になる。
(食材例:肉類、魚介類、豆腐、納豆、チーズなど)
をバランスよく摂りましょう。

Copyright© 2017 サムズアップ All Rights Reserved.|ログイン