★ 体脂肪カットの方法あれこれ


体脂肪をカットする方策を簡単にまとめてみました。
くびれ thumbsup 227
〔1〕まずはエアロビック運動
ウォーキング・ジョギング・ランニングをはじめ有酸素運動を週4
〜6回、30〜60分ずつのエアロビックトレーニングをスケジュール
に組み込むようにしましょう。

〔2〕朝食前に走る
朝起きて、何かを食べる前にエアロビックトレーニングを行うよう
にしましょう。貯蔵グリコーゲンが少なくなっているので、
脂肪をエネルギー源として使いやす い。

〔3〕戸外でのランニング(特に砂の上)
砂の上を走ってみよう。舗装された路面よりきつく感じるだろうが、
関節には優しい。ただし、疲労骨折、ガラスなどによるケガを防ぐ
ためにシューズを履きましょう。
草地を走るのも、関節や足のアーチにはよい方法です。

[4]ウォームアップ後すぐにペースを上げる
前半に高い強度で走り、後半をスローぺースにしたほうが燃焼され
る脂肪の量が多くなる。 2〜3分ウォームアップをしたら、
すぐにペースを上げて最大心拍数の80〜85%で15〜20分走る。
その後スピードを落として、最大心拍数の60〜 65%で
さらに10〜20分間走ろう。

[5]インターバル運動
トップレベルのスポーツ選手でなければ、きついペースを長く維持
することはできないだろう。そこで、エアロビックな能力を高め
体脂肪を燃焼させるために最も効果があるのが、
インターバルトレーニングです。
高い強度と低い強度を交互に繰り返し、低強度のときに疲労回復を
図りましょう。

[6]ウェイトトレーニングとの相乗作用
引き締まった体をつくるためには、ウェイトトレーニングの後に
エアロビックトレーニングをするのが効果的です。
ウェイトトレーニングで貯蔵グリコーゲンを使 いきるので、
その後のエアロビックトレーニングでは脂肪をエネルギー源として
使いやすい状態になっているからだ。また、両方を行うことで
運動後に燃焼する エネルギー量も高まります。

~参考:xfit 体づくり、フィットネスのためのトレーニングHPより

Copyright© 2017 サムズアップ All Rights Reserved.|ログイン