❏ 9/16(水)あかしの朝活~「人を温かく見守り隊」を考える:認知症のい・ろ・は


9/16(水)の朝活は「人を温かく見守り隊」を考える:認知症のい・ろ・は
認知症を理解って、ちょっとむつかしい・・・
イメージではないですか?特別何かをするのではなく認知症の人やご家族の肩を温かく見守り、
応援する姿勢で関わります。つまり認知症サポーターです。
周囲の方に認知症になられた方がおられたら、お互い気持ちを理解できるよう、
出来る範囲で支えていきませんか?
ナビゲーター:宮下幸子
(介護福祉士 明石市高年介護室 全国キャラバンメイト連絡協議会)
認知症サポーター看板
【日時】9/16(水)
一部 7:00~7:45=認知症の理解
二部 7:45~8:30=サポーターとして何ができる?
【定員】10名
【参加費】200円

報告レポート===============
参加者:9名 まずはシナプソロジーのすりすり、とんとんでアイスブレイク。
楽しい脳トレエクササイズで大盛り上がり。
次に動画DVDでベースの認知症についてを視聴。
それから看護師:村上氏による現場の意見。
ナビゲーター:宮下氏の意見やエッセンス。
最後に振り返り。
みなさんそれぞれ大きく見て介護のかかわりがあるなか、どう考えて、どう受け止めるか?
の初歩的なお話と意見交換会をしました。勉強になりました。
宮下さん、ありがとうございました。9.16認知症を考える

Copyright© 2017 サムズアップ All Rights Reserved.|ログイン