Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // Zoom録画機能のPCマイク・PCカメラを変えてみたら・・・

Blog ブログ

CATEGORY


on-lineプログラム

Zoom録画機能のPCマイク・PCカメラを変えてみたら・・・



みなさんのon-line生活はいかがでしょうか?
座りっぱなしで疲れていませんか?
姿勢はもちろんですが
Zoomの画質や音質に疲れていませんか?

Zoomの画面に慣れていると
普通で見れる
普通に聞き取れる・・・
と思います

というわけで
Zoomアプリに使われている
ビデオ&マイクは
ほとんどの方が
PC内臓のカメラ&マイクだと思います

そのカメラ&マイクを

ビデオ録画専用機器
マイク外部専用機器に変換してみたら
どうなるか?を試してみた・・・


結論から言いますと
ビデオ機器とマイク機器を外部入力変換した方が
思ったより画質と音質はクリア!!

では方法を説明します。

目次

1.なぜビデオ・マイク専用機に変換しようと思ったのか?

PC内臓のカメラ&マイクでは
オートフォーカス機能がなく
運動レッスンとなるとブレるのでは・・・と
不安になりました。

持っているビデオカメラをWEBカメラに代用して
レーコーディングできないか???を考えました。

また画像向上による
コミュニケーションが円滑になるのでは?と考えました。

2.どうしたら画質&音質を上げることができる

2.どうしたら画質&音質を上げることができるか?

端的にいえば質のいい機器によって外部入力によって
レコーディングすること。

外部入力は
ビデオ録画専用機と外部マイクです。

これをパソコンに入力すればいいだけなのです。

ただしパソコンにあるHMDI差込みは
入力端子でなくアウトプットのための端子。
だからパソコンからテレビ画面や大きいモニターに
パソコンは映し出すことができる。

パソコンへの画像入力は
キャプチャーを介して入力するこが必要と分かりました。

そのキャプチャーについて調べました。

☆キャプチャーについて

画像はHMDIによって入力する必要があります。
画像を入力するにはキャプチャーという機器が
必要となります。

キャプチャーはAmazonを見れば
日本製をはじめ
外国製も含めていろんなメーカーが出ています。
また価格も1万程度から2万・3万とぴんきりです。

最近のテレワークの兆しで
国内メーカーの在庫がなくなっているようです。

早速、私は外国製のものを1万越えくらいで購入できました。

購入後は
いろんなカメラでテストしました。
テストはカメラ+HMDIコードが必要

HMDIコードは録画機種によって
普通サイズ・ミニサイズ・マイクロサイズがあり
機器の相性がそれぞれあるようで苦労しました。

手持ちのスマホ・JVCビデオカメラ・デジカメ・ミラーレス・Gopro などを
つないでチェック!

思考錯誤?!(試行錯誤)の結果
JVCのビデオ録画機器が映し出され、相性が良かったです。

3.Zoomについて

Zoom設定画面、ビデオチェックの中
取り込む画像の選択をします。
PCの名前選択とキャプチャー選択で
キャプチャーの機器を選択します。

設定の画面に自分が映し出されるか?
チェック!

4.カメラの設定

カメラは特に設定は必要ありません。
HMDIコードを確実につなげることと
電源が自動OFFにならないようにすることです。
カメラによっては自動off機能もありますので解除します

三脚による高さ、細かい位置取りが必要となります。
長時間による撮影は電池や電源チェックが必要。

5.まとめ(before&after画像)

左:before  右:after

WEBカメラをビデオ専用機器・専用マイクに変換すると
【メリット】
1)画質がいい・音質がいい
2)三脚によってビデオ専用機器を動かせる
3)ビデオ専用機によるオートフォーカス機能が使える


【ディメリット】
1)機器を取りそろえる必要あり
とくにキャプチャー(1万~3万程度の出費)やHMDIコード
2)コードによる設定管理が必要で電源等の管理も必要
3)三脚で動かすので微妙な位置取りをパソコンの画面等を見て
コントロール必要

詳しくは
Youtubeにて

ブログ一覧